loopshoot.comラボ

loopshoot.com開発の記録

特定のジョギングに関する情報が豊富になりました。 | Twitterでジョギング記録 jogmemo(ジョグメモ)! ver.0.3

| 0 comments


Twitterでジョギング記録 jogmemo(ジョグメモ)! をバージョンアップしました!!
変更を加えたのは、特定のジョギングを表示するstatus.plのページです。
一つ一つのジョギングをもっと大切にしようというコンセプトで、以下のコンテンツを追加しました。
1.本番をイメージしよう
2.過去のジョギングと比較しよう
 2-1.距離、時間の遷移
 2-2.距離、時間の分布
 2-3.距離、時間、ペースのランキング

それぞれ、画像と共に説明します。
1.本番をイメージしよう

「このペースで本番も走ったら…」と考えたことは誰もがあるはずです。
その想定タイムを計算しています。
本番をイメージすることは大切なことだと思います。

2.過去のジョギングと比較しよう

以下のコンテンツはそのユーザの過去15回のジョギングとの比較をします。
つまり、昔の自分との比較ですね。
 ●2-1.距離、時間の遷移

  毎回のジョギングの距離、時間を表示した普通の折れ線グラフです。
  青い線が”距離”で左軸の目盛り。
  緑色の線が”時間”で右軸の目盛りです。
  ジョギングの変化を把握できます。
 ●2-2.距離、時間の分布

  上に比べてこれはちょっと特殊です。この散布図は、縦軸に距離、横軸に時間をとっています。
  一定のペースで様々な距離のジョギングをすれば、一直線の点が表示されることになります。
  自分の標準ペースのラインよりも、点が右側にずれていたら「ペースが遅かった」。
  左側にずれていたら、少ない時間で同じ距離を走っていることになるので
  「ペースが速かった」ことになります。
  今回のジョギングを緑色のポイントで表示しているので、
  過去と比べてどうだったのか確認することができます。
 ●2-3.距離、時間、ペースのランキング

  ”距離”、”時間”、”ペース”について、過去15回とランキング化します。
  「あの日のジョギングは快調だった。今日は?」なんてことがわかります。
以上となります。
ジョギングひとつだけでも、ペースを出したり、過去と比較することで
これだけのコンテンツを用意することができます。
毎回のジョギングで確認して、次のジョギングに繋げてもらえればと思います。

ここまで説明してきた特定のジョギングを表示するページですが、
ちょっとリンクがわかりにくいので、画像を貼っておきます↓

それではそれではよろしかったらどうぞ → 例えば、 loopshoot(私)の12/26のジョギング


関連記事

  1. Twitterでジョギング記録 jogmemo(ジョグメモ)! リリース!!
  2. 走行距離100kmごとにjog_sternaがあなたのTwitterにお邪魔します | Twitterでジョギング記録 jogmemo(ジョグメモ)! ver.0.2