loopshoot.comラボ

loopshoot.com開発の記録

検索窓を綺麗にまとめてみた TextFormations ver3.7その2

| 2 Comments

TextFormationsの検索機能をバージョンアップ
タブで検索対象を切り替えられます。
検索の種類は今のところ

  1. Googleカスタム検索によるTextFormations内ページの全文検索
  2. チーム名によるフォーメーション検索
  3. 選手名によるフォーメーション検索
  4. ブログ名によるフォーメーション検索
  5. チーム名+フォーメーション(システム)からフォーメーション検索
  6. Googleカスタム検索によるloopshoot.com内ページの全文検索

タブ切り替えには
UI/Tabsを利用させてもらいました。ブログはこちらかな
ありがとうございます。
タブ切り替えのユーザーインターフェースは少ないスペースにたくさんの情報をおけるので、やはりすばらしい。
今回も6番のloopshoot.com内ページの全文検索を一緒に置けたことで、loopshoot.comのほかのサイトへの誘導も可能になりました。
Googleのカスタム検索については今回はじめて導入。
これは超強力。Googleカスタム検索導入 TextFormations ver3.7その1
それではどうぞ → TextFormations 検索TOPページ


関連記事

  1. RSS配信始めました。| TextFormations ver3.4 TextMatchReport ver1.8
  2. Googleカスタム検索導入 TextFormations ver3.7その1
  3. 所属選手検索結果よりフォーメーションを作成 | TextFormations ver3.5

2 Comments

  1. はじめまして。大変面白いWebAPIの使い方ですね。
    勉強なります。サッカー選手名+国+ポジションのWebAPIを公開しようかと思っていたのですが、データが集まらなくてどうしようかなぁ~と思ってた時にたどり着きました。いろいろできそうですね。あちこち拝見させていただきます。

  2. >なかのひとさん
    (コメントの公開が遅れました。申し訳ないです)
    コメントありがとうございます。
    soccer player API見ました。
    自動的に11人抽出するロジックが気になりました。
    2000件のデータ量は凄いな。
    サッカー選手のデータでもっともっと面白いことを僕も考えていきたいです。